概要

目的と概要

教育推進・学生支援機構目的

本機構は、岐阜大学の理念と目標のもとに、大学教育の質の向上及び社会に求められる有為な人材を養成する機能の強化を図るため、全学的教育、教養教育の推進及び学生への支援に関する企画・運営を行うことを目的としています。

教育推進・学生支援機構の概要

教育推進・学生支援機構の目的を達成するため、既存の「教養教育推進センター」「教職課程支援室」「キャリアセンター」「イノベーション創出若手人材養成センター」の機能に加え、現在大学教育委員会のもとに設置されている各種の専門委員会、ワーキンググループの機能を継承し機構を編成することにより、各学部、研究科との協働体制のもとに、学生の受け入れから卒業・修了までの一貫した修学支援体制を構築し、教育の推進及び学生への支援を実践します。

機構には、7部門(学生受入部門、教養教育推進部門、学修支援部門、学生生活支援部門、地域教育連携部門、教職課程支援部門、キャリア支援部門)の業務実施組織を置き、各部門が横断的な連携体制を構築して、「学生の基盤的能力推進」「教員の教育力改善推進」「学生の主体的学修推進」「学生リーダーの育成」等の複合的な課題に対し、実施段階で協働し業務を遂行します。

加えて、「総合情報メディアセンター」のカリキュラム等の開発機能や情報通信技術(ICT)、「留学生センター」の語学教育、留学指導機能、また「保健管理センター」の学生相談、障害をもった学生の支援機能との連携も加えて体制の強化を図ります。

本機構の主な業務は、次のとおりです。

①全学的教育の推進及び改善に関すること
②教養教育の企画及び実施に関すること
③学生の受け入れ、学修支援、学生生活支援、キャリア支援等の企画及び実施に関すること
④教育効果の評価及び分析に関すること
⑤その他全学的教育及び学生支援に関する必要なこと

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク