概要

機構長からの挨拶

機構長

大学を取り巻く環境は急激に変化し、グローバル化する知識基盤社会、学修社会にあっては、国際的通用性を備えた質の高い教育を行うことが重要な課題となっています。特に、平成20年12月の中央教育審議会答申「学士課程教育の構築に向けて」は、従来の学部・学科や研究科といった組織に着目した整理から、教育の充実の観点に転換し,学位を与える課程(プログラム)中心の考え方に再整理するとし、「学士課程教育を構築するには、学部・学科等の縦割りの教学経営が、ともすれば学生本位の教育活動の展開を妨げている実態を是正することが強く求められる」と指摘しています。

こういった背景の中、本学は,まさに今後の社会像に重ね合わせた、学生の「自立、協働、創造に向けた力の修得」を推進できるような組織強化・機能強化を進めることとしました。

これまで本学は、学生の基盤的能力と専門的能力の養成や教員の教育力向上を目指した様々な取組を行ってきましたが、それらは学部を単位としたものであって、本学全体で検討・議論の結果生まれた取組というのは、残念ながら決して多くないのが実態であります。今、大学に求められている「学生の主体的な学修を促す質の高い教育」の確立のためには、学生の入学から卒業・修了までの一貫した修学支援・学生生活支援体制の強化と、アドミッションポリシー,カリキュラムポリシー,ディプロマポリシーの3つの方針(ポリシー)実践するための学部を越えた全学的な教学推進システムの確立が必要となっています。

このシステムを確立するためには、学長のリーダーシップによる全学的な合意形成が不可欠であり、それを可能とする実効性ある全学的なガバナンスの確立が求められることから、本学の主体的な取り組みとして、大学が有する教育改革推進及び学生支援体制の機能を強化するため、「教育推進・学生支援機構」を設置するものであります。

 本機構は、本学の掲げる「学び,究め,貢献する地域に根ざした国立大学」という理念のもとに,大学教育の質の向上及び社会に求められる有為な人材を養成する機能の強化を図るため、全学的教育、教養教育の推進及び学生への支援に関する企画・運営を行っていきます。

「対話と協働」を通して、基盤的能力を備え,それぞれの専門性を主体的に発揮できる人材が一人でも多く巣立って行かれることを期待します。

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク